BADMINTON|ガット張り替え専門店【ガット張工房K&F】

トップページ>プログラム

We support your best performance by Racket's STRINGING !

テニスラケットのガットの基礎知識

ガットの種類

◆ゲージ(太さ)について

細い
ガット

弾きと打球音重視のプレイヤー向き

細めのゲージは反発力が増し、シャトルの飛びがよくなります。また、打球音が高くなるのも特長。

太い
ガット

ハードヒッター向き

反発力は弱まりますが、切れにくいため耐久性はアップ。シャトルのホールド感と打球感は安定します。

ラケットタイプとガットの関係

◆ラケットの硬さに応じてガットを選ぶ 

硬いラケットには柔らかめのガット、柔らかいラケットには硬めのガットがおススメです。硬いラケットに硬いガットを張れば、ガチガチの硬い状態になり、手首やヒジを傷めやすく、また、柔らかいラケットを使うなら、少し硬いガットでテンションを柔らかめにはったほうがシャトルがよく飛び反発力が得られます。ラケットの硬さを確認し、それに応じた硬さのガット選びを。

適正テンションについて

◆テンションの違いによる打球感


テンション

スィングスピードの速いプレイヤー向け

強く張れば球離れがよくなるのでスピードが上がり、気持ちの良い打球音がします。しかし、高いテンションはそれだけで手首やヒジに負担をかけやすいため柔らかいガットを、また、ガットが切れやすいため、耐久性のあるガットをおススメします。


テンション

シャトルを飛ばしたい方にオススメ

緩めに張ればその弾力を使ってよく飛ばせます。また、細めのガットを低いテンションで張ると、驚くほどよく飛ぶもの。スィングスピードやパワーに自信のない人におすすめします。

ガット張り替えのタイミングは???

ガットの張り替え目安は、最長で3ヶ月

ガットが切れるまで張り替えないという方が多いようです。
しかし、ガットの劣化は張上げた直後から始まり、プレイ回数に関係なく性能は下がっていきます。 頻繁にプレイする人なら1ヶ月に1回、最長でも3ヶ月を目安に張り替えることをおすすめします。

張り替えのサインとは?

こんな症状がでたら、それはガット張り替えのサインです。

  • シャトルの飛びが悪くなったとき。
  • 打球音が鈍くなったとき。
  • 打球感がいつもより硬いと感じたとき。
  • タテ・ヨコのガットが重なる部分にくぼみができたとき。
  • ガットに変色、退色がみえたとき。
ラケット(ガット)の取扱い上の注意

ラケット(ガット)は水分や直射日光が大の苦手。
こんなことに注意してあげると長持ちして
ベストパフォーマンスを長く発揮してくれますよ。

  • 汗などで濡れたら、すぐに拭き取る。
  • 直射日光の当たるところに長時間置かない。
  • 水に濡らさない。
  • 乾燥しやすい冬期間は室内で、梅雨時期は風通しの良い場所で保管しましょう。
  • 車のトランクに何日も入れておいたり、濡れたまま放置しておかない。
ハイクォリテイなストリギングを支えるGOSENのストリングマシーン
取り扱いストリング

ただいま準備中

三条市体育協会 三条市総合型地域スポーツクラブりんぐる 三条ソフトテニス連盟 三条ソフトテニス連盟
Copyright © ガット張り替え専門店【ガット張工房K&F】  All Rights Reserved.